ニコニコ大百科モバイル

ウルトラマンマックス


ヨミ: ウルトラマンマックス
掲示板をミル!
416カキコ!

ウルトラマンマックスとは、2005年から放映されていたウルトラシリーズ、及び作中に登場するウルトラマンである。


概要


しく最初期から全39話(プラス総集編1話)と決められて放送された。これは前作のウルトラマンネクサスの不振を受けて、急遽企画されたものであるためである。またウルトラシリーズ40周年記念作品へ向けて、放送期間の調整の意味もあった。

前作のウルトラマンネクサスが4話完結方式のため、全体的に怪獣より弱く見えることから「最強!最速!」をコピーに、また「マックス」というわかりやすく、その強さを表現する名前を与えられた。ネクサスが連続ドラマに近い構成だったのに対して、ウルトラマンへの原点回帰として一話完結方式をとることにした。毎回のサブタイトルデザイン的に独創性があるのも特徴。

スタッフ平成ガメラ3部作の金子修介を初め、黒田洋介三池崇史中島かずきといったこれまでウルトラマンとあまり縁のなかった人物が多く関わることになった。一方、初代ウルトラマンバルタン星人を手がけた飯島ティガガイアメインライターだった小中千昭、そして実相寺昭雄といったウルトラシリーズに深く関わっているスタッフも参加しており、バラエティに富んだ作品群が集中している。結果、本作に関わった脚本家は18名、監督11名という全シリーズ通して屈の人数が集結した。

そして最大の特徴はTVシリーズでは80以来の「昭和怪獣の復活」があげられる。これまでの平成ウルトラシリーズでは、ティガからネクサスまで基本的にオリジナル怪獣制作していた。(ウルトラマンコスモスでのバルタン星人など例外もいるが)しかし今回、来る40周年への大きな玉として、過去人気怪獣の登場が実現。当時は人気投票により登場を決め、1位を獲得したゴモラは劇中登場となった。次作のメビウスではより幅広いジャンル怪獣が取り上げられ、大怪獣バトルでは怪獣体の展開がなされるなど、その後のウルトラシリーズスタンダードとなっていく。


ウルトラマンマックス


M78出身の巨人中井和哉

防衛チームDASHダッシュ)の隊員トウマカイトと一体化しており、カイト変身アイテムマックススパーク中に掲げ、左腕に装着する事で変身する。固有武器は頭部に収納されている投擲武器・マクシウムソードであり、分身させて飛ばす事も出来る。また、マックス自身も分身(しかも数に)が可

必殺技の「マクシウムカノン」は歴代でもしく、左腕から線が発射される。中盤でマクシウムカノンが効かないゼットンを倒すため配達員ウルトラマンゼノンから強化アイテムマックスギャラクシー」を授かり、最強線技「ギャラクシーカノン」を会得する。その他にも記憶を失った状態にも関わらず勢いでよく分からない線を出して怪獣三体を倒したり、90メートル巨大化して宇宙まで伸びる大剣を繰り出したり、上一面を覆い尽くすダークバルタン軍団に対抗すべく相当数の分身を作り出しウルトラ大戦争を繰り広げたりと恐るべき強さを誇る。

ちなみに平成ウルトラマンではしくタイプチェンジしないがそんなものがくても十分強いので問題い。まさに最強最速のウルトラマンなのである。どうなってんだこの文明監視官は。


主な登場怪獣


しかし、世界にはもっとすごい怪獣たちがいた!!

このように、最強にはそれ以上の最強と言わんばかりに歴代の怪獣達の強さも度を越したものが多い。こんな地球がいくらあっても足りない強さのインフレが巻き起こる連中相手に39話戦い抜いたマックスDASHは十分凄いと思います、ハイ


TVシリーズ終了後のウルトラマンマックス


そんな最強怪獣軍団から地球を守り切ったマックスだが、TVシリーズ終了後は劇場版ウルトラ銀河伝説に出演することはあったものの、ウルトラマンベリアルに蹴散らされるモブ扱い。劇場版ギンガでも10勇士の一人として出演したが、次作のメビウスらにべると今一つ活躍に恵まれないウルトラマンでもあった。埋めの宿命なのか…

そんな中の放送10周年となる2015年、「ウルトラマンX」へのゲスト出演が決定。放送終了後、実に10年ぶりのTVシリーズ出演を果たすこととなった。ちなみに変身するトウマカイトを演じる青山太も10年ぶりに同役での復活となる。


関連動画



■sm150828[ニコ動]

■sm4820730[ニコ動]
■sm9415916[ニコ動]


関連商品


■azB000AXFVO2
■azB0083YX2UK


関連コミュニティ


■ch78


関連項目


sm9415916

最終更新日: 15/09/04 10:57
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社