ニコニコ大百科モバイル

キン肉マン


ヨミ: キンニクマン
掲示板をミル!
14278カキコ!

キン肉バスターっ!!

キン肉マン』とは、『週刊少年ジャンプ』で連載していたゆでたまごによる漫画、および同作品の主人公キン肉スグル称。

筋肉マン”と書くのは正しくないので注意。なぜ「キン肉マン」の「キン」の字が漢字ではないのかというと、作者ゆでたまご先生原作担当の嶋田先生)がキン肉マンというキャラクターを生み出した当時小学生だったため、「筋肉」と漢字で書けなかったからだという。

続編として、同作の数十年後を描いた『キン肉マンII世』(2011年完結。第1部全29巻、第2部全28巻、『Vジャンプ』連載版全4巻)がある。

現在『週刊プレイボーイ』のウェブサイト[外部]、もしくはYahoo!ブックストア[外部]にて、王位争奪戦編直後の時代を描いた新作が連載中。毎週月曜更新Yahoo!ブックストアはアプリダウンロードする必要はあるものの、週プレより読みやすく更新月曜0時更新めなので、こちらで読んだ方が良いだろう。
なお、王位争奪戦編の直後の時代を描くという関係からか、新章分のコミックス1巻は新たに「第1巻」として区切り直さず、初代『キン肉マン』のジャンプコミックス(全36巻+37巻)の続きとして「38巻」となっている。

この他にも、集英社モバイルサイト原作者による初代『キン肉マン』の小説『ディープ・オブ・マッスル』が連載されている。ソルジャーチームなどマイナー系の人にスポットを当てているのが特徴。


概要


幼い頃、キン真弓と間違えられて宇宙空間に捨てられた主人公キン肉スグルの格闘と友情による成長物語。または、どんな根本的な矛盾があっても「ゆでたまご先生の作品だから」で済まされる格闘マンガ。(矛盾の例は以下に記す)

最初の頃は敵の怪獣バカにされて闘ってさえもらえなかったダメ人であったが、オリンピックでディフェンディンチャンピオンロビンマスクを倒し優勝したのを皮切りに次々と一流人を打ち破り、ついには故郷のキンの王になった。

ちなみに、王位争奪戦の原因の半分くらいはキン真弓のダメ統治&ダメ子育てが原因であることはあまり知られていない。


主な登場超人


キン肉スグル[画像] - 神谷明
[画像を見る]
主人公。額に「」と書かれているレスラーキン王子牛丼が好き。↑の通りキン肉マンはダメなヒーローというコンセプトの元にあったヒーローであり、初期の彼はプロレスではなくウルトラマンのように怪獣退治をしていたのだ。
が、そのダメヒーロー編辺りはとにかく主人公(笑)という言葉が当時あればその代名詞に近いほど酷い扱いであった…。
例↓
1.オリンピックの入場でイノブタ、ヒネブタと言われる。(やたら物を彼めがけて投げられた)
2.代表の名前を記した看を持つ女性が「テリーマンの方を持ちたかった」と発言。
3.ヒーローが彼だけ(他のヒーローは休暇や怪)と判明した途端怪獣が呆れて戦わずに帰っていった。  
4.テリーマン怪獣退治に来た途端外扱い。  
5.赤ん坊の頃、親に顔があまりに醜くて絞め殺そうかと思われたり、挙句の果てにと間違えられて地球捨てられた。(しかも20歳になるまで音沙汰し)
…しかしそれでもめげず、地球や人のために体をり、助けた人にブタ扱いされても彼は戦う事をやめないのである。あれ?こんなにかっこ良かったっけ…?
真剣になるとマスクが鼻まで隠れて決戦に挑む姿に憧れるゥ!
決め台詞は「へのつっぱりはいらんですよ」。
アレキサンドリア・ミート(ミートくん) - 松島みのり
額に「にく」と書かれている。キン肉スグルの世話係。王位争奪戦編ではミキサー大帝バックドロップで倒したメガネチビ。「ったく、今からそんな弱気でどうするんですか」「だれかそこのブタつかまえてー」
テリーマン[画像] - 田中秀幸 / 速水奨
アメリカ出身の正義人。額に「」と書かれている。登場初期ではヒーロー仕事を商売と考えるなど冷たい面もあったが、キン肉マンと友情を築くうち、正義人の中でも一番優しいといわれるほど温かい性格になる。「ぱちんこキン肉マン」の動画になると山崎邦正そっくりであることは有名。さらに「友情とは自分でつかみに行くものだ」とは皮にもアシュラマンからの言葉。
ラーメンマン[画像] - 蟹江栄司 / 銀河万丈ほか
中国出身の残虐人→正義人。額に「」と書かれている。初期は残虐人であった。彼の初戦はテレビマンガで多少の違いはあったが、対戦相手ブロッケンマンを一方的虐殺するシーンは有名。第20オリンピックにてキン肉マンとの対戦で破れる。それ以降はレフェリーをやったり血の涙を流してキン肉マンに訴えたりと残虐なイメージはなくなる。が、1200万でタグロックされているあの人に…。ちなみに正義最強補はかという話題になった時、彼が補の1人に挙がる事が多い。(他にはロビンマスクバッファローマンなど)
キン肉マン」のスピンオフ的な漫画闘将!!拉麺男」では主人公を務めた。
ロビンマスク[画像] - 郷里大輔 / 池
[画像を見る]
イギリス出身の正義人。西洋の甲冑をイメージしたマスクを身に付けている。
登場当初からキン肉マンオリンピックの出場を推薦するなど、作中でも優しい良い人である。
(本人は単にキン肉マンを見くびっていただけだが。しかもそのせいで決勝で彼に敗れた。)
必殺技タワーブリッジロビンスペシャル等。しかし後に二度とリングに立てない体になってしまったはずなのに、「マスク編」で手な逆タワーブリッジしているのは秘密である。とりあえず璧のマスク全復活したけどさ。キン肉マン結婚式は逆タワーブリッジ辱を返した。
旧ソ連にてウォーズマンという逸材を発掘、打倒キン肉マンのために鍛え上げた師匠でもある。
作中でもキン肉マンに次ぐ実者とされており、事実王位争奪編では100倍以上の人強度を持つキン肉マンマリポーサを倒している。
ウォーズマン[画像] - 田中亮一 / 堀秀行 / 掛川裕彦
[画像を見る]
旧ソ連出身の残虐人→正義人。初登場は「コーホー」としかしゃべらなかった。ベアクローという、拳にトゲの生えた武器を持つ。初登場のオリンピック編では96パワーキン肉マンを上回る100万パワーで苦しめ、とどめにパロスペシャルを決めようとしたが、戦闘できる制限時間は30分であったため、それをオーバーしていた事により行動不に陥り、キン肉マンキン肉バスターによって敗れた。それ以降、いわゆるヤムチャ枠扱いが多くなり、彼の転落人生が始まる…。「ぱちんこキン肉マン」では相手がバッファローマンだと「オワタマン」という汚名がつく。
ウルフマン[画像を見る]
日本出身の正義人。名前の由来は千代の富士ニックネームから。しかしウルフマン本人はこの由来を否定している。アニメでは「リキシマン」という名前になっている。人ではなくゆでたまごが考案した。キン肉マン相撲対決をしたが敗北。その後ウォーズマン同様(もしくはもっともひどい)彼も転落人生が始まる。バラバラにされたり命の珠をキン肉マンに渡したり知らぬ間に死亡扱いになったりした。また「よゐこ」の濱口が拾ったジャンプがたまたまウルフマンバラバラの回だったためキン肉マンファンとなった。ぱちんこキン肉マンではマッスルバトルは期待度はブロッケンと同じなのに終了の引き立て約が多く原作と同じイメージを持つ為彼も「オワタマン」と汚名が付く。
ブロッケンJr.[画像]
ドイツ出身の残虐人→正義人。第20オリンピックにおいて父親ブロッケンマンを残にも殺したラーメンマンに敵を討つためにオリンピックに出場するも敗北。負けギリギリの試合が多いが何とか勝利として扱われているまともに勝った試合は全くなく勝利した悪魔人2戦は彼こそ「奇跡の逆転ファイター」と思われる。その後はだったが無量大数編にて、クラッシュマンを撃破。
バッファローマン[画像] - 佐藤正治 / 和男 / 松田重治 / 乃村健次
[画像を見る]
スペイン出身の正義人。その名前の示すとおり、頭に水牛のようなが2本生えており、大柄な体の男である。
7人の悪魔人編で初登場し、7人の悪魔人のリーダー格兼ラスボスとしてキン肉マンたちの前に立ちはだかった。
ウォーズマンの10倍の1000パワーというド迫パワーを誇り、当時キン肉マンを苦しめたウォーズマンかませ犬にしいとも容易く倒し、キン肉マン戦ではキン肉バスターを破り、更に一時はキン肉マンパワーを吸い尽くすところまで追い詰めた。しかし、キン肉マン火事場のクソがとんでもない桁外れのパワーだったため制御できず返す羽になり、最後はキン肉マンキン肉バスターで倒された。
本来は正義人だったのだが、自分が三流の実しかなかったため、サタンに魂を売って悪魔人となり、「人を1人倒すごとに1万パワーを貰う」という契約を結んだ。その契約どおりに1000人を倒し、1000パワーを手に入れた。ちなみに正義人時代は100万パワーであった。あれ?計算が合わないぞ?
キン肉マンに敗れた後は友情に覚め、正義人入りした。
かつてはキン族と並ぶ勢を誇っていたバッファロー一族の出身である。しかし、権闘争を繰り返したため一族は滅亡し、バッファローマン悪魔人に身をやつした、とはバッファローマンの弁。
必殺技ハリケーンミキサー等、巨大な体とド迫パワーを活かした快な技が多い。
ジェロニモ[画像] - 塩沢兼人林延年大場真人山崎たくみ
アメリカインディアン出身の正義人。元々は人間であったが後に人の試練を受け新生、レスラーとして活躍するようになる。正義人軍の中では最も若手で未熟な面が立ち、意気込みに反して中々結果を残すことが出来ていない。必殺技アパッチのおたけび、トマホークチョップなど。
プリンスカメハメ - 佐藤正治/ 蟹江栄司 / 中村秀利
アメリカハワイ)出身の正義人。かつてハワイ人界のと呼ばれた、年齢70歳を越える老人。
当時オリンピックラッキー火事場のクソで優勝したキン肉マンを、開始7秒でホールドした。その後は名実ともにキン肉マン師匠となり、“48殺人技(後に52の関節技)”を授ける。読者がよく知る「奇跡の逆転ファイター」キン肉マン完成させた本人と言っていい。なお、作者ゆでたまごは、『キン肉マン 77』という本の中で、「もっとも強い人は?」という質問に対し、全盛期カメハメこそがキン肉マン史上最強人であると答えている。
(そんなすごい人がなぜキン肉マンにあっさりやられたジェシーメイビアに負けたのかは永遠のである。)
後にサンシャインの“呪いのローラー”によって死亡。死後も2代目キン肉マングレートとなるテリーマンに稽古をつけたり、キン肉マンII世こと万太郎にも協するなどしている。
48殺人技も本人が死亡したためキン族王の技として引き継ぐこととなった。
ということにしよう。うん。

主な楽曲



次へ»
最終更新日: 18/04/09 02:23
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社