ニコニコ大百科モバイル

ツァーリ・ボンバ


ヨミ: ツァーリボンバ
掲示板をミル!
86カキコ!

AN602(露:АН602)とは、ソビエト連邦(現:ロシア)が開発した史上最大の水素爆弾である。 

RDS-220(露:РДС-220)、RDS-202(露:РДС-202)、RN202(露:РН202)とも。開発コードネームイワンイヴァーン、露:Иван)。

現在では、当時の西側諸が名付けた俗称「ツァーリ・ボンバ」(露:Царь-бомба、英:Tsar Bomba皇帝爆弾)で知られている。


概要


1954年から1961年にかけてソ連が開発した史上最大の水素爆弾。核出TNT換算で50メガトンと、広島に落とされた原子爆弾リトルボーイ3300倍であり、現在までに開発された核兵器の中では最も出が大きい。

1961年10月30日ノヴァヤゼムリャにて核実験を実施。ツポレフTu-95V爆撃機に搭載され、午前11時32分に高度10,500mで投下、高度4,000m(抜4,200m)で爆発。火球直径は2.3km、キノコは直径40kmに広がり、高度60kmまで達した。一次放射線による殺傷範囲は半径6.6km、爆による殺傷範囲は半径23km、熱線による殺傷範囲は半径58kmに及び、衝撃波は地球を3周するという記録を残している。
ちなみにグーグルアースで、爆心地周辺を検索すると、未だにその影が確認できるので興味がある人は
一度検索する事をお勧めする。

参考までに、東京駅に直撃させたとすると、江戸川区から杉並区まで跡形もなく吹き飛び、爆や熱線は八王子市成田市木更津市横須賀市まで届き、一回の爆発首都圏を壊滅させられる威を誇る。


構造


本来の設計では、核分裂核融合核分裂という三段階の反応により核出100メガトンを実現する多段階水爆Staged Radiation Implosion Bomb)の一種の3F爆弾水爆流作動方式)であった。しかし、100メガトン級の爆発ともなればソ連領内の人口密集地へ多量の放射性降下物(死の灰)が降ってくる事が予想されたため、実際の実験にあたっては第三段階のウラン238の核分裂を抑えるようにタンパーがに変更され、出は約50メガトンに抑制された。この結果、放出する放射性物質の量はその出の割にはかなり小規模なものとなった。


なぜ水爆はこれほどまでに強力なものになったか?


この時代、ソ両は盛んに水爆の威を競い合った。理由のひとつはの誇示。このツァーリ・ボンバ実験の日時をを党大会直前にあわせ、実験場所や威をあらかじめ開するという異例の措置をとったことによりの誇示を示したのである。もうひとつの理由は当時、偵察衛星などが技術が発達していなかったため核兵器標となる地点の特定が曖昧になってしまっていた。そこで「標の特定ができないなら、強爆弾で周囲のものごと吹き飛ばしてしまえ!」…という乱暴な論理でソはより強水爆を作ったのである。

だが、水爆の威の強化にも限度があった。最大の理由はそのサイズツァーリ・ボンバの装重量は27トン。当時のソ連にはこれを打ち上げるためのICBMをつくる技術はなかった(開発はしていたようだ。これは後に重量級衛星打ち上げロケットプロトンになった)。これがソ連実験内容を開した第二の理由。ツァーリ・ボンバの誇示以外に使いのない非実用的な兵器だったのである。

やがて偵察衛星の発達と核弾頭の命中率の強化により強水爆を作る必要は薄れ、また標を広範囲に破壊する手段も多弾頭ICBMが開発されたことで小の弾頭を多数ばらまく方が効率的だと分かり、ソの水爆の競争も終りを迎えることとなったのである。


仕様



関連動画



■sm1374729[ニコ動]

■sm565487[ニコ動]
■sm164032[ニコ動]

こちらの動画は題名がツァーリ・ボンバとなっているが、実際はRDS-37(核出1.6メガトン)の核実験記録映像である。■sm5858[ニコ動]
■sm649472[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 14/01/02 15:34
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社