ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ポルポ(ジョジョ)


ヨミ: ポルポ
掲示板をミル!
170カキコ!

人が人を選ぶにあたって…一番『大切な』事は何だと思うね?……
それは『信頼』だよジョルノ・ジョバァーナ
それにべたら頭がいいとか才があるなんて事は
このクラッカークソほどの事もないんだ…

ポルポとは、ジョジョの奇妙な冒険第5部「黄金の風」の登場人物である。
CV岸祐二PS2ゲーム版)/石川英郎TVアニメ版)


どれ、それでは「概要」を始めるとするかな・・・


ポルポ

イタリアを支配するギャング組織「パッショーネ」の幹部。ネアリス地区を縄りとし、賭博・密輸等を仕切っている他、入団希望者の面接・入団テスト及び一本しかない弓と矢」の管理を担当している。

異常なまでの巨である。キングサイズベッドと見間違う程の体であり、部屋の天井に届きかねない背丈、小冷蔵庫並の顔の大きさ等、デブを通り越した何かになっている。

刑務所を住まいとしている。懲役15年以上の罪で役しているがそれはワザとであり、上記の体格ゆえ反乱分子の襲撃に対応できない恐れがあるためあえて刑務所の中に身を置いている。
ポルポが収監されている独房は私室と言った方が正しく、高級含む飲食物の他、TV冷蔵庫プラモデル拳銃画(ゴッホとゴーギャン)など様々な嗜好品があり、何不自由ない生活を送っている。組織幹部の権の程がい知れる。ちなみにこの部屋にどうやってポルポを入れたのかは不明。

パッショーネを乗っ取ることを画策したジョルノの最初の敵とも言える存在で、ジョルノに「24時間ライターの炎を消さずに見守る」という入団試験を与えた。

試験の前に「人を雇う時に一番大事なのはその人に信頼があるかどうか」という旨の論を言っており、ジョルノはその「信頼」を見るだけの試験だと思っていたが、この試験は別の的があった。


再点火したのだッ!受けてもらうぞッ!


ブラック・サバス
【破壊:E(ただし抑え付けるは例外でA) / スピード:A / 射程距離:A /持続:A / 精密動作性:E / 成長性:E】
[画像を見る]ポルポスタンド。第4部で登場した「シアーハートアタック」と同じく、自らの意思とは関係で相手を自動で攻撃する、遠隔自動操縦タイプスタンドである。
普段はライターの中に潜んでおり、ライターを再点火すると姿を現し、再点火した者と再点火した間を見たものに対して差別攻撃を仕掛ける。自動追跡にあたっては、影の中を驚異的なスピードで移動、ターゲットの魂を捕えて、口内の矢で貫く。本来戦闘スタンドではないのでは弱いのだが、スピードと押さえつけるはとてつもなく、一度捕まったらほとんど逃れる術はない。ただし、影の中を自由に移動できる代わりに、の当たるところは行動が大きく弱くなるという一面があり、しばらく長い時間にあたるとそのまま消滅してしまう(自動攻撃を中断するだけで、本体がダメージを受けたりスタンドを失ったりするわけではない)。
また、自動操縦タイプというスタンド特性上、スタンドの本体であるポルポスタンドの近況についてを一切知らず、スタンドがいつどこでを攻撃(殺)した、かと戦闘になったのかさえも知らない。
ジョルノはこのライターの炎を守っていたのだが、不慮の事故で炎が消えてしまった。この炎を消してしまった(事実をまったく知らない)老人がライターの再点火を試みる。ジョルノはこの試験を「信頼があるかどうか」のみの試験だと思っていたので再点火は不可能だと思っていた。実際には再点火によって矢を突き刺され、スタンドを発現するか、適性がく死んでしまうかのテストだった(いは、に24時間炎を見ることが出来ればそれはそれで、スタンドくとも何かしらの形で組織の具にできる、と考えていた)。
結果として再点火したじいさんは死んでしまい、ジョルノターゲットになった。この時ジョルノは「事実を知らないじいさんを簡単に殺した」と憤りを感じている。これはジョルノの不注意も絡んでいる為、「どすい感覚が心の中にある」と言っていた。
ちなみに、矢がスタンドデザインプリントされている事、そして精(魂)を簡単につかんだことから、ブラック・サバスはもしかしたらシルバーチャリオッツレクイエムゴールド・エクスペリエンス・レクイエムなどと同じようにレクイエムの一種なのかもしれない。

その後…


結果、ブラック・サバスの攻撃はジョルノと偶然駆けつけた康一によってかいくぐられた。

その翌日、再点火されたままのライターを持ってきたことにより、ポルポジョルノがパッショーネに入団するのを認めた。この時、ポルポジョルノに「侮辱」という行動の重さ、強さをジョルノに教えた。おそらくこれは組織に反逆する事への止めかと思われる。

しかしジョルノはこれを逆手に取り、「お前はあのじいさんの『命を侮辱した』。だからお前拳銃を一本バナナに変えてきた。最後の食事、よく味わって食べるといいぜ」とく(ポルポの居ないところに独り言のように言ったので、当然ポルポは死ぬ直前まで知らない)。ジョルノはパッショーネのバッチを受け取る際にゴールド・エクスペリエンスでこの細工を施しており、それを知らないポルポ自分の拳銃を口にくわえて自分で引き金を引いて死ぬことになった。なお、部屋が頑丈だったこと、彼の拳銃だったことからこの事は自殺と判断された(それと同時に『矢』が一本破壊された)。

その後、ブチャラティポルポに命令されて彼の財産を隠していたことをメンバーに打ち明け、幹部になるべくポルポを横取りする。ブチャラティはその隠し財産を組織へ上納、見事幹部に昇格し、物語は本格的に動き出す。


余談



おまえ・・・ニコニコ動画に「ログイン」したな! 関連動画をやろう!「視聴するべき2つの動画」を!



■sm313845[ニコ動]

■sm20512297[ニコ動]


おまえはニコニコ市場へ来たのだ!購入してもらうぞッ!


■az4086179164
■azB000T6Z97E
■azB00FF3HI1G
■azB006V0MW1I
■az4163749802


おめでとう 君の「コミュニティ」入団を認めるよ


■co308


最後の「関連項目」・・・ ゆっくり味わって眺めるといいぜ


涙目のルカ[画像を見る]

マリオ・ズッケェロソフトマシーン[画像を見る]


最終更新日: 18/10/23 13:50
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社