ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


ルッカ


ヨミ: ルッカ
掲示板をミル!
4カキコ!

ルッカとは、

  1. Lucca - イタリアトスカーナ地方にある都市。古くから栄え、その周辺がルッカ共和ルッカとしてこの都市を中心とした国家となっていた時期もある。現在もその周辺はルッカ県として、トスカーナ州の一地方区分となっている。
  2. ルッカ - RPGクロノ・トリガー』およびその続編『クロノ・クロス』に登場するキャラクター
  3. ルッカ - 漫画悪魔狩り』に登場するキャラクター
  4. ルッカ - アニメ機動戦士ガンダムAGE』に登場するキャラクター

本記事では上記2.のキャラクターについて解説する。


概要


スクウェア1995年に発売したスーパーファミコンRPGクロノ・トリガー』に登場するキャラクター

同作品は様々な時代を行き来するストーリーだが、主人公クロノ」が暮らす現代(A.D.1000年)に生きる、大きな眼鏡トレードマーク女の子クロノ幼馴染で、発明を得意としている。

容姿はボブカットヘルメットをかぶった眼鏡っ子鳥山明デザインつながりで『Dr.スランプ』の「則巻アラレ」や「ドラゴンボール」のブルマを思い浮かべる人も多いはず。「ルッカ」はあくまでデフォルトネームで変更することもできるので、「アラレ」などと名付けてみた人も居るかもしれない。

割と冷静な性格だが、投されたクロノを助けるために単身で刑務所に突入して助けに来るなど、熱い心も持っている。自分の発明を自画自賛するときには「オーッホッホッホ!」といった高笑いをすることもある。癖が悪いという一面も……。

年齢は、インターネット上ではWikipediaをはじめとして「19歳」としているウェブサイトが多い。その割にその出典を記載していないところがほとんどだが、どうやらゲーム雑誌「Vジャンプ」に掲載された情報が元らしい。ただし、これを「初期設定」として紹介しているウェブサイトもあるため、最終的な設定でも本当に19歳なのかは不明。上記のように飲するシーンがあるので、あまり明確にするのはまずいのかもしれない。

家族にはルッカと同じく発明鍛冶屋父親のタバン、足が不自由母親ララがいる。ララの名前のつづりは「LALA」。決して「RARAではない

クロノとは幼馴染であるが、『クロノ・トリガー』はクロノヒロイン的なキャラクターマール」とのボーイ・ミーツ・ガールストーリーになっているフシがあり(メインエンディングクロノマールが抱き合ってを飛ぶ、クロノマール結婚を示唆する描写がある、など)、そのためかクロノルッカの間での恋愛的な心情描写はほとんどない。

しかし、作中のとあるイベントをとある条件下でクリアした場合にのみ、「実はクロノに思いを寄せているがそれを表に出していないだけ」ともとれる台詞をこぼす。詳しくは下記「『クロノ・トリガー』のストーリー上でのルッカ」を参照。

クロノ・トリガー』の続編『クロノ・クロス』でも登場し、クロノ・トリガーでの冒険の後にルッカが何をしていたのかも描かれ、「ルッカアシティア」という苗字も設定された。しかしそこで描かれた物語は明るいものではなかった(後述)。


『クロノ・トリガー』のストーリー上でのルッカ


クロノルッカが暮らすガルディア王」の千年祭の催し物として、二足歩行ロボットゴンザレス」や、一対になっている2つのポッドの片方からもう片方へテレポートできる機械テレポッド」を出品している。

この「ゴンザレス」は本人(?)だけで簡単な会話や戦闘をこなす自ロボットであり、戦いを挑んで倒すと、千年祭内のアトラクションで使えるポイントシルバーポイント」を15ポイントもらえる。ゴンザレスは続編『クロノ・クロス』にも登場するが……。

もう一つの出品である「テレポッド」はルッカとタバンが観客らの前で実演しており、実際にクロノテレポートさせてその場を沸かせた。だがその次にマールテレポートさせる実演中、マールペンダントがテレポッドと共鳴して現代と中世をつなぐ「ゲート」が出現。マールがそれに飲まれて行方不明になってしまった。これが、『クロノ・トリガー』の時をかける物語の始まりとなる。

クロノマールを追いかけて中世(A.D.600年)に行くと、ルッカゲートを安定させる新発明「ゲートホルダー」を完成させたうえで二人を追いかける。そこで出会ったカエルの顔をした士「カエル」には、生来のカエル嫌いもあって当初は恐怖感を示す。

現代に戻ってクロノ王女誘拐の罪で刑務所に入れられると、その救出に動く。クロノが自で脱走してしまうと刑務所出口で合流するが、屋の中で時間を経過させるとルッカ屋にまで助けに来てくれる

脱走後に王兵に追い詰められてやむなく飛び込んだゲートで辿り着いた先の未来(A.D.2300年)では、故障して動かなくなっているロボットを発見。そしてルッカ未来の技術で作られているこのロボット修理を難なくこなすという離れ業を見せる。(まあ、二足歩行自戦闘ロボとかテレポートマシンとかを作っている時点で既に間違いなくすごいのだが)

その際、マールの「修理したら他のロボット達のようにこちらを襲って来るのでは?」という危惧に対して、ルッカは「そうしないように直すの」「ロボットは自分たちの意思で襲ってきているのではない。人間がロボットたちの心をそのように作っただけ」と返答した。これに対してマールは「ルッカにはロボットの気持ちがわかるんだね」と評した。

その後、この修理されたロボットは「ロボ」と名付けられ、仲間としてクロノ達に同行。ルッカロボとは深いきずなで繋がれる。

未来世界からゲートで移動した先では、「時の最果て」というどこの時代にも属さない特殊な間に迷い込む。そこにいた「戦いの」を名乗る存在「スペッキオ」はクロノ仲間たちに魔法めさせるが、ルッカは「火」の属性覚め、火炎を操る魔法を使えるようになった。

その後、クロノは戦いの中で敵の放ったに包まれ、消し飛ばされてしまう。そんな彼の運命を変えるためにルッカを含む彼の仲間たちは時間を移動して手段を探し、彼を復活させる。このクロノ復活イベントの際に「ルッカパーティーにいて」「マールパーティにいない」という条件を満たしていた場合、クロノに対するルッカの本当の想いの一端を吐露してくれる(この記事の「関連動画」の「プレイヤー絶させた名シーン」にある動画をご覧になるか、実際プレイしてお確かめください)。

クロノ・トリガーには「マルチイベント」が複数ある。これはクリアしなくてもエンディングに到達できる、クリアするかどうかの判断はプレイヤーに委ねられているイベントである(実は上記のクロノ復活イベントマルチイベントであり、復活させなくてもクリアできる)。これらのマルチイベントにも、ルッカ立つイベントがいくつかある。

太陽石」に関わるイベントランダムダメージを与えるミラクルショット」を開発する。「の夢」イベントではロボからアクセサリーの夢」を贈られるが、それ以上にあら? スカートのすそがはさまっちゃったわプレイヤートラウマとなる。ルッカ過去に関わり、彼女が発明を得意とするようになった理由となる出来事なのだが……。詳細は「あら? スカートのすそがはさまっちゃったわ」の記事を参照。


ゲーム中の性能


キャラの話となるとトンと話題に上がらなくなる彼女だが(笑)爆弾などの発明品や火属性魔法を操るかなり攻撃重視のキャラクターである。

特技名 消費MP 必要技P 効果
火炎放射 1 10 直線状の敵に火属性魔法攻撃
催眠音波 1 60 敵全体をスリープ状態にする
ファイア 2 イベント 属性の単体攻撃魔法
ナパームボム 3 160 円範囲の敵に火属性魔法攻撃
プロテクト 6 250 敵からの物理攻撃のダメージを1/3カット
ファイ 8 400 属性の全体攻撃魔法
メガトンボ 15 600 円範囲の敵に火属性魔法攻撃
フレア 20 1000 属性の強な全体攻撃魔法

魔法の特技)

武器は(ガン)を使用し、その場から弾を発射して攻撃する。また近距離且つクリティカルでない場合はハンマーで敵をブン殴る動作をするがダメージは同じ。攻撃をはずすと「うっそーん!」みたいなポーズをとる。クリティカル率はそこそこあるものの、とにかく攻撃が低く、その癖にの店売りの値段がやたら高い為、そのものを買い与えられなったりして「たたかう」(通常攻撃)には全く期待出来ない。ダメージムラが出来るが、高ダメージの期待値が高い最終武器”ミラクルショット”を手に入れてようやく「たたかう」を使うに堪えるようになる。

防御面では体が低く、物理攻撃に対する耐性はそれほどではないものの、火属性攻撃に対する耐性を持った防具を父親から贈られるため、生まれつき火属性に耐性を持っていることもあり、火属性を多用する相手には有利になる。魔法防御もトップクラスの数値。

技は大半が火属性魔法攻撃というかなりったラインナップ。一応自身の体の低さを補うために、相手を眠らせたり、物理ダメを軽減する手段も持っているが、基本的には攻撃重視。その攻撃は1人であっても全キャラトップクラスであり、連携を活用することでその火力はさらに伸びるという恐ろしいキャラである。

その攻撃の高さゆえか欠点も多い。まず上記にある通り「たたかう」が弱いことが一つ。それに加えて技は火属性魔法攻撃ばかりのため、火属性魔法攻撃に耐性のある敵には手も足も出ないことがある。連携を使えば属性も使用可だが属性が有利に働く場面は少ない。また素さは鋼ロボットと同じくらい鈍足であり、序盤に手に入るスピードベルトが手放せない。また回復技を一切持たないので、パーティ構成には注意が必要(特に終盤まで固定メンバークロノも回復手段を持たないので注意)

ただ、魔法攻撃に強い相手にはミラクルショットや連携を使用することでフォロー可だし、火属性効化する相手は意外と少ない。火属性はほぼルッカの専売特権のため、火属性が有利になる相手が多い中盤戦では非常に頼りになる。終盤は回復なぞ度外視してメガトンボム、ラインボムダブルボム、火炎竜巻、炎3段蹴り、ファイガタックル、反作用ボム2、3、ダークエターナルフレアオメガフレアカエルフレア等、火力の技、連携でゴリゴリ押していくのがベスト。どうしても回復したけりラストエリクサーを使えばいいじゃない!オーッホッホッホ!


『クロノ・クロス』において


1999年プレイステーションソフトとして発売された『クロノ・クロス』は『クロノ・トリガー』の続編である。

本作メインキャラクターの「キッド」は「ルッカに育てられた」という設定であり、前作キャラクターの中ではルッカはかなりストーリーに絡む立場となっている。しかし、幸福な運命を辿ったとは言えない。

彼女は前作での冒険(A.D.1000年の出来事)の後に自宅で孤児院を開いており、A.D.1005年にガルディア王が滅亡してクロノマールが居なくなってしまっても、キッドら孤児たちを守りつつ暮らしていた。


一方、前作でラヴォスが倒されたことで滅亡が回避され繁栄を続けた未来世界では、「凍てついた炎」という恐るべきを秘めたの石を利用して「時間」を制御することをす研究センタークロノリス」が設立されていた。

だがA.D.2400年、実験中に「凍てついた炎」が暴走して次元を引き裂く「タイムクラッシュ」という大事故が起こり、「凍てついた炎」を内包したままにクロノリスかな過去であるB.C.10000年に飛ばされた。

この事態に対して「クロノリス」のメーンコンピューターフェイト」は、タイムパラドックスが起こらぬよう自らの知る歴史へと誘導していくことを決める。そしてクロノ・ポリスを外界から隔離して隠蔽しつつ、世界の人々に暗示をかけて行動をコントロールすることで歴史を密かに操っていった。

「凍てついた炎」のを利用して人々の運命を思うままに操作していく「フェイト」は、長い年を経るにつれて徐々に狂気を帯び始める。


次へ»
最終更新日: 17/07/24 04:38
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社