ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


最強の敵


ヨミ: モウキキアキタカラカタセテクレ
掲示板をミル!
15カキコ!

最強の敵とは、 

  1. ハンス・ウルリッヒ・ルーデルのこと(=ソ連人民最大の敵)
  2. イース3フェルガナの誓いラスボスガルバラン戦で流れるBGM
  3. 隠しボスなど、作品中最高クラスの強さのボスキャラ。及びそれらとの戦闘で付けられるタグ
  4. ゲームエラーフリーズ。数多の最強パーティー、達人プレイヤーたちを一のうちに葬り去って来た。
ここでは、2.について記述していく

概要


BGMタイトルに相応しい強さを持つラスボスガルバラン
とりわけフェルガナの誓いでは、そのあまりの強さに、初見プレイヤーは難易度ベリーイージーでもリトライを余儀なくされ、パターンを知り尽くした上級プレイヤーでも難易度ナイトメア以上はかなりの苦戦をしている。
これには、原作システムレベル60が上限であり、しかもレベル50付近からなかなかレベルが上がらなくなるため、タイムアタックとほぼ同じレベル50前後で挑まざるを得ない事情もあるだろうが、それらを視しても正直「様々な対策ができていないと確実に詰むラスボスである。ナイトメア初見余裕でした^^とか言えるのはやっていないニュータイプだけだ

もともとボス戦闘に関しては、初見殺しリトライの多さに定評のある死にゲーフェルガナの誓い(他のイースシリーズでも同じ? 知らんなではあるが、ガルバランは倒し方がわかっていても、攻撃を絶対に回避できないパターン、判定の強い攻撃、特殊な当たり判定などを大量に持ち合わせており、さらには原作WANDERERS FROM Ys)他各移植作とは全く別の攻撃をしてくる(むしろ攻撃方法が全ボス中一番増えた)ため、それなりな面影がある攻撃をしてくる他のボスべて、かなりの慣れを必要とする。
また、PCPSPスペック不足と、行きがあるステージ弾幕や前後移動を頻繁に行うなどが原因で、戦闘中処理落ちが起きやすい。ただでさえ回避しにくい攻撃の数々がますます無理ゲー臭を漂わせるも、こればかりは持っているものが悪いとしかいえない。ステージも味方とか、お前はどこの世紀末病人STGラスボスだ。後者についてはあながち間違っていないから困る。

PSP版ではそれら(処理落ちは起きにくくなったが)に加え、難易度ハード以上でしかやらなかったことをノーマルでもやる&二段ジャンプ頂点からの炎の爆が当たりにくくなっている(一応当てられるし、報告もあるが、はっきりいって超級者向け)&一部攻撃の判定が強化されている&回避困難パターンを多用&よく見るとPC版視点がずれており攻撃のタイミング把握にまた時間を費やす(こちらは慣れれば楽な方)、etc...など、ますます最強の敵に相応しい強さになっている。

詳細は、ガルバランの記事へ。ネタバレ注意


その結果


 あまりにリトライが多くなり、フェルガナプレイヤーは皆ここでトラウマや悲しみを背負うことになる。無想転生を習得したところで勝てるとは思えんがな。そもそもトラウマになるようなボスだらけだし、このゲーム
この曲は死ぬほど聴き飽きるのではない。聴き飽きるほど死ねのだ。
それでも、れば(他のボス同様に)ノーダメージクリアーができるという極上のバランス調整がされているので、今ダメという君も、必ず倒せる日が来る!君ならできるよ(こらそこ、笑とか言わない)


関連動画


トラウマ


■sm1521688[ニコ動]

■sm21660511[ニコ動]
■sm8747967[ニコ動]
■sm10732184[ニコ動]

おまけネタバレ注意) イース7ではあるキャラとの対戦時BGMに、この曲のアレンジパートが使われている

■sm8412943[ニコ動]


関連商品


 ■azB0050311Q4
■azB000ANR7US
■azB0050311J6
■azB002SSA39K
■azB004KNYDFQ


関連項目



最終更新日: 14/04/16 23:17
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社